会社案内

素材加工に最新のテクノロジー

日本スピング株式会社は戦後、技術革新の夜明けといわれた1950年代半ばより、高度技術集約産業の雄である綜合製鐵所の設備の一端を担う、エンジニアリング会社として参画して以来、「切る・削る・焼く」という分野を担当してきました。
当社は、経営方針の基本的持論である「進取・独創」の理念のもとに、常に斬新なアイディアと、蓄積された技術との調和により、数多くの装置を製作し、拡大・発展させると共に、周辺設備並びに他業種の技術的関連分野にも応用・発展させることで、皆様のお役に立ちたいと考えています。

会社概要

社名 日本スピング株式会社
本社所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野2-14-1 マルコーセンタービル2F 事業所一覧がこちら
電話番号 03-3835-3591
FAX番号 03-3832-0705
代表者 倉本 定
資本金 3,000万円
業務内容 製鐵・製鋼向け溶断・溶削装置・付属機器及び部品の設計・製作販売並びに保守請負
従業員数 112名(平成29年5月末時点)

アクセス

JR山手線 御徒町駅より徒歩5分
東京メトロ 仲御徒町駅より徒歩4分

沿革

1956年 (昭和31年) 八幡製鐵株式会社 〔現:新日鐵住金(株)〕
八幡製鐵所へ熱間熔削装置国産第1号機を製作し完成納入。以降、(株)田中製作所内の技術室、特殊機械部等の組織において、主として鉄鋼ブランド諸設備の設計・製作・営業を担当し、後に鉄鋼事業部として独立組織となる。
1969年 (昭和44年) Union Carbaid社Linde事業部〔現:L-TEC社〕(米国)との技術提携による、ビレット材及びブーム材用の熔削装置の設計・製作、米国製スラブ材用スカーフィングマシンの保守・点検・補修及び部品販売、マシン据付エンジニアリング業務開始
1974年 (昭和49年) 設立
1978年 (昭和53年) 日本スピング株式会社と改称(商号変更)
1983年 (昭和58年) GEGA社(独国)製切断吹管・火口の輸入販売及び保守・点検・補修業務開始
1989年 (平成元年) 自社製高速切断火口(US-G)販売開始
1999年 (平成11年) 元当社名誉会長の潮田文之輔が、高速切断火口(US-G)発明並びに数々の特許取得等の功績により、黄綬褒章を受章
Tetronics社(英国)製プラズマトーチの保守・点検・補修及び部品販売業務開始
2005年 (平成17年) 日酸TANAKA(株)より鉄鋼設備営業部を譲受し、小倉営業所を開設
2017年 (平成29年) 倉本 定 代表取締役社長 就任